降伏 vs 共同創造

今日、Ease Into Beingのコミュニティの一人からこんな質問を受けました。 「降伏vs共同創造についてお聞きしたいです。 私はいつも意図を設定し、宇宙と自分の現実を共同創造しています。 しかし最近、もし私たちが本当に神に降伏し、宇宙が私たちのために最善を尽くしてくれると本当に信じているなら、なぜ意図を設定する必要があるのかと尋ねられました。」 これは素晴らしい質問で、私も個人的に経験したことなので、私自身の経験に基づいて回答します。 まず第一に、それは「降伏」という言葉を理解することに尽きます。 多くの人にとって、「降伏」はあきらめる、あるいは少なからず何かに屈服するというエネルギーを持っています。戦いに敗れ、相手が勝ったという感覚もあるかもしれません。 確かに、コントロールを失うというエネルギーはあります。 ただもし、「降伏=結果への執着を単に手放すこと」だとしたらどうでしょう。 このことを話すと、 「でも、結果がどうでもいいのなら、どうして何かが起こりうるのですか?私たちの思考が現実を創っているとおっしゃっていたかと思いますが・・。」 私は、エネルギーと振動数という観点から考えます。 あなたが実現するために何かを必要とするとき(つまり、結果への執着)、あなたから発されている周波数は『必然性』です。だから、結果として戻ってくるものは、あなたが望むものが何であれ、そのために『必要とする何か』です。 例を挙げてみましょう。 予算がギリギリで、期限になる請求書を払う十分な金額がないかもしれない。だから、あなたはより多くの現金を明示するために懸命に働きます。すると、より多くの現金が来る代わりに、より多くの請求書が表示されます。車のメンテナンスが突然必要になったり、歯医者に行くことになったり・・。 あなたはこう言うでしょう。「なんてこと!?私は請求書ではなく、現金を顕在化させようと頑張っていたのに!」と。 何が起こっていたかというと、あなたから現金ではなく、「現金を必要とする」というエネルギーが発信され、その結果、さらなる出費という形で「現金を必要とする」結果が戻ってきたのです。 であれば、我々は必要性が非常に現実的であるときに、必要性のエネルギーを送信せずに具現化に取り組むにはどうすればよいですか? 私が何度も効果を上げてきたフレーズの 1 つは、次のように言う (そして信じている) ことです。 『これが起こるのは奇跡かもしれないけど、解決策はすでに存在していて、今わたしは、この問題が解決することを選択しました。私に利用可能な解決策を示してくれている宇宙に感謝します』 そして、最も困難な部分は、それを一旦手放すことかもしれません。 問題は度々頭を悩ませますが、その度に、自分自身に再び下記のように思い出させます。 『これが起こるために奇跡を取るかもしれないけど、解決策はすでに存在していて、私は今、この問題は解決していることを選択します!私に利用可能な解決策を示してくれている宇宙に感謝します』と それでは、質問の後半「なぜ意図を設定する必要があるのか」という部分についてお話ししましょう。 あまりにもスピリチュアルであったり、あまりにも敬虔であるということがあります。 「宇宙が私に与えたいものなら何でもいい」という考え方も、全て順調です。 こう考えるのは、私たちが宇宙の一部であるのではなく、宇宙から離れていると思うときです。 それは、神/宇宙のレストランに座って、食事が来るのを飢えながらただ待っているようなものです。あなたはそこに座って、祈り、希望、何でもしますが、何も起こりません。なぜなら、注文をしていないからです。 私はかつて、受動的すぎて、神によって手配されたことは何でも起こるという態度だった時期があります。私たちは、ある時期においては、私たちが望んでいるものではないかもしれないけれど、魂のレッスンのために必要なものを得る時もあると私は信じています.。ですから、「過去世から持ち越した、苦難や苦しみによる修道院の誓い」が残っていないかどうか、確認することは有益なのです。 私は、苦しみを伴うことなく本当によく学ぶことができると信じています。確かに痛みや不快感はあるかもしれませんが、それは苦しみとは全く違うものです。 ここで、神/宇宙のレストランに話を戻しますと、あなたは、「OKわかりました、注文したいのですが、メニューはどこですか?」と言います。 あなたはメニューを持っていますが、それは空白のメニューです。なぜなら、メニューを作るのは私たち自身の責任だからです。 そこで登場するのが、意図の設定です。 メニューを作り、注文をすることで、意図を設定することができます。…

2022年のメッセージ

私たちはそれをさまざまな方法で見てきました。 出来事は瞬時に変化し続けているかのようで、ルーチンに固執している人にとっては挑戦的だったでしょう。長期計画は急速に短期的になり、私たちは皆これに適応するよう求められてきました。 おそらくこのブログを読んでいる方の中ではご存知の方もいらっしゃると思いますが、変化に際して、私がいつも自分自身のために活用し、クラスで紹介している問いがあります。 その問いは「前向きな変化をサポートするのに、どのようなエネルギーが必要か?」です。 “ What energy is required to support positive change?” それは私が何年も前に親愛なるメンターによって紹介されたものですが、チャレンジだと感じる瞬間、私はいつもこう自分に問いかけています。 私がここ数週間感じているのは、2022年の前向きな変化をサポートするために必要なエネルギーは、変化を受け入れることだということです。 変化を受け入れるとは、正確にはどういう意味でしょう? あきらめ、妥協と「より少ない」生活に身を任せるということでしょうか? いいえ、絶対違います! メッセージは大声で明確です。 目標と願望を持ち続け、もう1つの因子を追加しすること。 そして目標を変えるのではなく、むしろ自分の目標を達成する、別の方法、新たな可能性を開きます。 それは、あなたの想像の領域をはるかに超えた方法です! 例えばこのメッセージ。 例年であれば、YouTubeへの年末のメッセージ投稿のため、このメッセージを準備するのですが、今年に関してはYouTubeへの投稿は必要なく、ここに記載するだけでよいと感じています。音声録音は一切必要ありません! 私の思考は、「視聴者にとっては、動画や音声の方が受け取りやすく便利ではないか?」と言ってきますが、時に物事を決めるとき「簡単で便利であるかどうか」ではない場合があります。 私は、このメッセージを受け取ることを意図する人々は、このブログの中で見つけることをすでに知っています。 2022年。 変化と戦うのではなく「変化を完全に受け入れる」ことで、挑戦を乗り切るだけでなく、この挑戦的な状況の中でも、成長繁栄できる能力に驚くさまざまな機会が与えられます。 2022年は私たちにとって、困難だったり、恐れを植え付ける必要のない、抜本的な変化をもたらすために、形を整えてきています。 すでに多くの動きがあります。新しい仕事、探索する新しい住居、そして何よりも、「完全な変化を受け入れるあなた自身」を見つけること。 これは実際には新しいあなたではなく、本来のあなたです。私たちは皆、私たちの神聖な青写真(生まれる前に決めてきた魂の設計図)を持っています、あなたはすでに本来のを生きていますか、もしくは、2022年に変化を受け入れて本来のあなたへの変容の旅に出ますか? 私は今回のブログをラルフ・ワルド・エマーソンによるこの引用で締め括るようにと、高次の存在に導かれました。 「あなたが決定を下すと、宇宙はそれを実現するために共謀します。」 あなたにとって大切なのは意図して決めることです。実現方法を考えることではありません。